NEWS&BLOG お知らせ&ブログ

ヴィジュアル
トヨタ 80ハリアーの社外ナビ取付プラン

昨年のフルモデルチェンジを経て80系となりました現行の

トヨタ 新型ハリアーのディスプレイオーディオ(DA)を取り外し

社外9型ナビに交換するプランのご案内です。

※追記(7/7)

車両売却につき現車は店頭にございません。

ただし80ハリアーの社外ナビ取付をご検討でご覧になりたい方は

事前にご連絡いただき日程調整は必要となりますが

現オーナー様のご厚意でお借りする事ができますのでご相談ください。

上位グレードの「Z」は12.3インチモニター/JBLプレミアムサウンドシステム仕様の

「T-Connect SDナビゲーションシステム」が標準搭載に対して

当社デモカーの「G」並びに「S」は8インチモニター仕様の

「ディスプレイオーディオ」が標準搭載となります。

恐らく12.3インチモニターのパネルサイズとの共通化を図るため

12.3インチモニターでは違和感の無いパネルもディスプレイオーディオですと

左右に間延びした感が否めません。

そこでパネルを新規で制作する事でよりスタイリッシュにはなりそうですし

ハザードスイッチを移設して社外ナビ本体を下方に固定できれば

ダッシュボードのカットも不要の公算が高そうでしたが

コスト、工期に加え純正パネルの開口サイズが9インチ社外ナビと共通である事を活かし

純正の前面パネルを無加工で流用しダッシュボード、背面パネルのカット並びに

新規制作でディスプレイオーディオから社外ナビへと交換しました。

新規で制作したナビ背面パネルに純正ライトセンサーを移設しました。

DA裏の配線から純正バックカメラの電源供給、映像信号を取得し流用しました。

ステアリングの舵角にイエローのガイドラインも連動します。

ただし画面右下の視点切り替えは使用できません。

オプションのHDMIケーブルを介してミラーリングも可能です。

またcarrozzeriaのCYBER NAVIシリーズ「AVIC-CQ911-DC」には

車内をデータ通信料の上限の無いオンライン化を可能とする

1年間無償使用権付きネットワークスティック(2年目以降は有償)が付属されていますので

「fire tv stick」を接続し豊富なコンテンツを車内でお楽しみいただけたり

ご自宅のBlu-rayレコーダーに録りためた番組をリモート再生できたり

リアモニターを追加したりとエンターテイメント性が広がります。

(詳細はカロッツェリア・サイバーナビHPにてご確認ください。)

純正ステアリングスイッチによるステアリングリモコン機能に関して

新型ハリアーは従来と異なる方式でしたが

ステリモによる社外ナビの操作が可能です。

ちなみに初期設定では

VOICE(発話)ボタンがフリーワード音声検索、

TEL(電話)ボタンが着信があった場合の通話開始に割り当てられていましたが

サイバーナビの設定でVOICEボタンを通話開始、TELボタンを通話終了に変更しました。

 

DAを車両から取り外していますのでそれに付随する機能は使用できませんが

当社保有の診断機で車両に蓄積されていましたエラーコードを消去したうえで

ディーラー様にて再度、診断機による診断並びに

ヘルプネットスイッチによるオペレーターとの通話を確認しました。

また電源、信号各種の取得、供給に際し純正配線をカットせず

コネクターを用いて接続していますので

比較的容易にディスプレイオーディオに戻す事も可能です。

(当然ですがダッシュの復元は純正ダッシュを別途用意したうえでの入れ替えとなります。)

以上が現時点での概略となりますが税込価格は

AVIC-CQ911-DCの場合¥396,000

AVIC-CQ911の場合¥374,000

AVIC-RQ911の場合¥291,500となります。

総額の内訳、その他ブランド/モデルはお問合せください。

価格は予告なく変更する場合がございます。

※追記(3/11)

世界的な半導体不足やパーツ製造工場の火災などに加え諸般の事情が重なり

現在、ナビ本体並びに周辺ユニットの生産並びに供給に関して大規模な遅延が発生しております。

またオプションとしてディスプレイオーディオの配線を延長して

リアラゲッジ内への移設も検討中です。

併せてスピーカー交換をご相談いただいた場合はセットプライスでご提案させていただきます。

 

*以下、現時点での補足です。

・ナビ本体の持ち込み取付はお受けできません。

・上述の通り純正パネルの開口サイズが9インチ社外ナビと共通のため

7、8インチやフローティングモデルには対応しておりません。

・装着済みのディスプレイオーディオ周辺の純正ユニット(ETC2.0など)の

入れ替えや動作不可が生じる可能性がございますので車両購入前であれば

事前にご相談いただけますと幸いです。

・現時点では車両の走行やエラー表示など問題ございませんが

車両故障時に車両に付帯されています保証が適応外となりましても

当社では一切の責任を負いません。

・電源や信号各種の取得など技術的なお問合せに対する回答はお受けできせん。

※追記(3/11)

以上をご一読いただいたうえで上記プランの導入をご検討いただける方で

操作性や動作などご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。

重ねてですが一般顧客様、業者様問わず技術的なお問合せに対する回答はお受けできませんので

何卒、ご遠慮いただけますと幸いです。

将来的にディスプレイオーディオと車両との連携が

より強固になればディスプレイオーディオの撤去は困難となり

今回のような手法は無理でしょうし

ノーダメージ/ノーリスクではございませんが

現時点ではメリット/デメリットを考慮していただいたうえで

80ハリアーのオーナー様のご参考になれば幸いです。

 

 

 

 

静岡県(主に沼津市、富士市、富士宮市、三島市、駿東郡長泉町/清水町、伊東市、
裾野市、御殿場市、熱海市、伊豆市、伊豆の国市、下田市、静岡市etc…)、神奈川県、山梨県で
スピーカー交換を始めとしたカーオーディオ、その他カー用品、コーディング、ホームシアターのことなら
お気軽にCOLORS(カラーズ)までご相談ください。
TEL 055-960-8545
MAIL info@rs-colors.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTACTお問合わせ

製品についてなど、こちらより
お気軽にお問い合わせいただけます。

PAGE TOP